fc2ブログ

2024-04

疑似科学批判考(3)の若干の(?)修正ないし補足

これまでのエントリーを読み返して、ハタと気付いた。
疑似科学のもっともポピュラーな(?)存在である、「血液型性格分析」を扱えないじゃん!
「血液型性格分析」は超自然的存在に言及しないし、道徳的でもない。それは、むしろコミュニケーションの潤滑油的に用いられることが多い(ただし、血液型が人事を左右するなどの弊害もあるらしい)。
ということは、これまで述べたことは無意味なのか?
これでは再びブログ閉鎖か?

ということで、ない知恵を絞って考えてみた。
今ちょうど読んでいる増補 サブカルチャー神話解体(ちくま文庫)で、物事(この本では少女コミックなどのサブカルチャー)を2つの軸で計4つに分類するという分類方法が提示されているのだが、これが割と「分かった」風な実感を得られる(実際に分かるかどうかは不明)。

ということで、少し工夫して見ると、疑似科学を4つの象限に分類できることが分かった。

さて疑似科学(3)では、疑似科学の有する「科学的に明らかにできない(明らかにすることを拒絶する)言説を含む」という部分を、「超自然的存在」と「価値命題」の二種類に分類するとしたが、これを2つの軸からなる4象限に分類する。
その二つの軸とは、「超自然志向/自然志向」、「価値(道徳含む)志向/価値無志向」である。

「価値志向/無価値志向」ではなく、「価値志向/価値無志向」としたことについて、若干の補足を。
一般に「~志向」とは「~に価値がある(がゆえに志向する)」、ということをそのうちに含んでいる。
つまり、「無価値志向」とは、幾分パラドキシカルな表現になるが、「無価値である事に価値を見出す」ということ、言い換えれば「無価値という価値を志向している」ということになる。
従って、「価値志向」に対立するのは「価値無志向」になるのである。
ちなみに、無価値志向とは、既存の価値をズラす(もしくは無効化する)という、ポストモダン的な志向(価値相対主義的な志向)とも言い換えられる。

このように分類したときに4つの象限および、その代表的な疑似科学はそれぞれ
「超自然志向/価値志向」・・・神秘主義的な新興宗教(オウム真理教など)
「超自然志向/価値無志向」・・・超能力ブーム、神秘主義思想
「自然志向/価値志向」・・・科学主義的道徳主義(モラロジー)、水からの伝言、優生思想
「自然志向/価値無志向・・・血液型分析
となるだろう。
もちろん、中間的な性質を持つものもあるし、一つの象限には収まらないものもあるだろう(上の分類も異論がある方もいるかもしれない)。

ともあれ、一応上記の分類によって疑似科学はほぼ網羅されるように思われるので、まずはこの分類に従って、これ以降の考察を進めることにする。

今日は一日で二つもエントリーをあげてしまった…
こんな風に無理すると続かないんだよなぁ…

疑似科学批判関連エントリーはこちらから。

コメント

大変興味深かったです。

わたしが今まで考えたり疑問に思ったことの跡を辿れた気がします。
全て、完全にスルーされて『対話』には発展しなかったことばかりです。
こういう疑問を持つ自分がおかしいのかと、疑心暗鬼になりかけていました…。

特に、「自然志向/価値志向」の中の「科学主義的道徳主義(モラロジー)」という言葉に、ちょっとひっかかりました。

神秘主義への関心は、はたして不合理なものなのでしょうか?
わたしにはそこに、時折、経験や統計的な知や直感などの働きによる‘合理’が垣間見れるのです。

あなたのこのエントリーの発見は、わたしにとってひとつの(嬉しい)驚きでした。
では。

naokoさんはじめまして

初コメありがとうございます(昨日のエントリーのコメントも)。
やっぱりコメントをいただけると、ブログをやっている者としてはハリが出ます。しかもずいぶん好意的なコメントで・・・

>神秘主義への関心は、はたして不合理なものなのでしょうか?
>わたしにはそこに、時折、経験や統計的な知や直感などの働きによる‘合理’が垣間見れるのです。

この問いに直接お答えはしませんが、このシリーズの続きが疑問にある程度は答えることになると思います。

また、エントリーをあげた際は、覗いてやってください(コメントも残してもらえるとうれしいです)。

では。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quine10.blog43.fc2.com/tb.php/6-f6c55c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

quine10

Author:quine10
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード